Hatena::Groupacephale

名菓アカデミズモとかわいそうな牛 このページをアンテナに追加

アカデミズモは、アカデミズムの裏庭。そこには亀たちが棲んでゐます。



もともとは「京都アカデメイア」スタッフのグループブログの一つということで始めたブログですが、現在は個人的な雑記として用いています。心にうつりゆくよしなしごと等を記録することとします。

■写真主体のブログはこちら:
京都ぬるぬるブログ
http://yaplog.jp/maternise/

(パイロン、貼り紙、絵馬、動物、犬など)

■LINEスタンプ各種発売中です:https://store.line.me/stickershop/author/52173/ja

■京アカでの書き物:
「精神分析とジェンダー」ブックガイド
書評『バンギャル ア ゴーゴー』
書評『摂食障害の語り 〈回復〉の臨床社会学』
書評『勝手にふるえてろ』



カテゴリー




 | 

2018-08-12

ハンサムの思い出

| はてなブックマーク -  ハンサムの思い出 - 名菓アカデミズモとかわいそうな牛

「イケメン」という語の台頭によってすっかり「ハンサム」が駆逐されてしまった。

「イケメン」が現れた頃はこんなに長持ちする言葉になるとは思わなかったが、2018年現在も「イケメン」は現役であり、その勢いは衰えることがない。

「イケメン」登場以前は、何か違うと思いつつ「ハンサム」を用いている人も多かったのではないか。たしかに、「イケメン」は「ハンサム」より広い範囲を示しうる語である。「ハンサム」と形容しうる日本人男性はそう多くないと思われるが、「イケメン」にはより広いイケメンが含まれるので、カジュアルな誉め言葉として用いることができる。


そんな死語となった「ハンサム」についての思い出がある。

小学校4年生頃、母のもっていた昔の少女漫画にハマったのだが、わけても惹かれたのはそのセリフ回しだった。6、70年代の少女漫画は、少しレトロでかつ心憎い言い回しが多く、新鮮であった。気に入ったものは、台詞を暗記するほど読んだ。

その中で印象的だった場面のひとつは――『ポーの一族』の一場面だっただろうか?――おしゃま(これまた死語)な女の子が素敵な紳士を見て「ま、ハンサム!」と驚く場面である。

ストーリーの筋には特に関係のない、なんてことない場面なのだが、女の子のおしゃまぶりがよく出ていて、可愛らしい場面だった。また自分の周りには、「ま、ハンサム!」と驚くような男子なんていないので、小粋でおしゃれなセリフに思えたのだった。



私は「ま、ハンサム!」を一度使ってみたくなったが、特に使いどころはなかった。上述のように、周囲に「ハンサム」と形容できるような人物はいなかったし、また、日々会う異性はクラスの男子・先生・用務員さん・父と祖父・近所のおっちゃんくらいなので、そもそも誰かと新たに出会うということがないのである。

そんな或る日、社会の授業で、日本の名産物かなんかの勉強として、視聴覚室で茶のビデオを見せられた。茶が茶畑でどんな風に作られ収穫されるか、という過程を追ったビデオだった。茶摘みの場面で、茶農家のおじさんがインタビューされ、茶摘みの工程を語っていた。頭にタオルを巻いたその中年の男性は、別に悪いルックスではなかったと思うが、まったく普通の日本のおじさんだった。

私は「(いや、ここは違うよな、明らかにその場面ではないよな……)」と思ったが、「ま、ハンサム!」を使ってみたい気持ちがそろそろ最高潮に達しており、「(ここで使うのか……違うとは思うけど……でも……)」と納得できない気持ちのままながらも、隣に座っていたサッちゃんの耳もとに口を寄せ、

「ま、ハンサム!」

と言ってみた。


サッちゃんの反応は特になかった。(完)

 | 





最近のコメント