Hatena::Groupacephale

daisetsuの日記

2011-05-28

オカルティックもろもろ

17:18

・知人が千里眼能力のある人と知り合いになったそうである。そのひとは、◯◯が起こる日が何月何日とピンポイントで分かったり、まあ他にもいろいろできるそうだ(秘密)。

私はそういうのは信じるというか、不思議には思わない人間である。

・このあいだ何故かふと、山本太郎の顔が頭に浮かんだ。あの俳優いまどうしてんだろ、と思ってたら、夜、山本太郎のニュースをネットで読んだ。話題になっていた。

・某書店で『ロスチャイルド原発マフィア』みたいなタイトルの本を見た。震災原発特設コーナーがある中で、その本だけ、精神世界オカルトコーナーにあった。

書店員、よく分かってます。

windupbirdwindupbird2011/05/29 04:29twitterにも書いたんだけど、最近の反原発派の盛り上がりとエコ・スピリチュアル的な宗教はかなり親和性がありそうだね。皮肉るわけではなく、興味深い現象です。原発推進派が「科学」主義、反原発派が「非-科学=宗教」的だなぁと。個人的にはどちらにも乗りきれなくて、なんだかなぁという感じで見ています(笑)

daisetsudaisetsu2011/05/30 13:53確かにそんな感じですね。反原発派には農村回帰、科学技術批判など60年代のムーブメントから引きずったものが内包されている気がします。僕も宗教的なものには興味ありますし(かといってヘンな団体には属してませんから笑)、なんか超越性とかあるいは自然観とかそのあたりが関わって来ている気がします。ただ、陰謀論になると行き過ぎですね。

windupbirdwindupbird2011/06/01 11:28まーそうなるとラディカルな反原発派って新興宗教かオカルトみたいなもんだからもはやついて行けない感じはあります。放射能の危機を煽る感じも自然エネルギーの素晴らしさをことさらに持ち上げて語る様子も、かつてのオウム真理教のサリンとエセ科学に重複して見える。柄谷行人とか中沢新一が言ってることもどんどんオカルトちっくになってるし(そういえば中沢新一は麻原彰晃を擁護してたこともあったんだっけ)。そういう言説が完全に間違ってるわけでもないから難しいところだけれど、個人的にはそういう「宗教的なもの」と脱原発を切り離して考えたい派です。

daisetsudaisetsu2011/07/12 00:43すみません、コメントくださっているのに気がつきませんでした。。一ヶ月経ってしまいましたがコメントバックいたします。僕は百木さんの言う「ラディカル反原発派」の論説はそこまで毛嫌いしません(過剰なものは嫌ですが)。ただ確かに宗教的なものと脱原発は切り離すべきで、ニュートラルに「電力の安定供給」ということを主軸に議論したらいいと思っています。しかし、原発が象徴するものというのがあると思うのです。それこそ、オカルトチックに見えてしまう部分なのかもしれませんが、電力供給というレイヤーではなく、例えば国家・資本というレイヤー、文明史というレイヤーで原発を見ると、柄谷や中沢のような言説が出てくるのだと思います。だから私は原発を広いスパンで考えたい派です。ベーコンの機械論とかも原発を示唆しているみたいで面白いです。それくらいのスパンで考えたいです。

windupbirdwindupbird2011/07/12 02:05文明史的なスパンで原発を考えるということには僕も賛成です。また中沢新一や柄谷行人が言うような意味で宗教の次元まで含めて今後のエネルギーや社会のあり方を考えることも重要だと思います。しかしラディカルな反原発派やエコロジー系の反原発派が行っている言動が、本当に原発廃絶につながるのか、僕には疑問に思えてしまいます。彼らは本当に資本や国家の手強さが分かっているのか。ただ原発が危険だからという理由で、自然エネルギーが地球に優しいからという理由だけで、反原発を唱えているのなら、それはやはり認識が甘すぎるのではないか。彼らが行っている反原発運動は実効的な「表現」ではなく自己満足的な「表出」になっているのではないか。マルクス主義が資本主義の打倒に200年近く失敗し続けてきたのと同じ理由で、反原発派の運動が逆に原発廃絶を阻んでしまうのではないかということが気にかかります。抽象的な言い方になってしまいますが。今度直接に議論しましょう。