Hatena::Groupacephale

daisetsuの日記

2011-02-17神保町の歩き方①

就活とか就職とか学会とかで、東京に出る機会があればぜひ!!行っていただきたい街が神保町です。

神保町の手引きについてはhttp://jimbou.info/に詳しくでていますが、ここでは、もうちょっと違った歩き方を示してみたいと思います。

神保町は、世界的な古書街です。戦時中もこの町だけは爆撃されなかったという知的宝庫。絶版になった本はたいていここで揃えられるでしょう(もちろん、ここでも無いものはあります)。

私がここで強調したいのは、レアな文献ではなく比較的新しい本を安く手に入れることが可能なのが、この神保町だという点です。

神保町古書街ですが、古本のみを扱っているわけではありません。時たま、東京の古書店では新品を2~3割引で売っているところがあります。どういう経路で書店に並んでいるのかわかりませんが、ちょっとしたアウトレット商品ということでしょうか。古本特有の汚さが全くなく、もはや新品同様(というか新品)の本が、安く手に入ります。古い文献を探している、と言うわけでなければ、新刊書店など行かず神保町へ行くべきです。

例えばこんな感じです…

岡田温司著『もう一つのルネサンス平凡社、2007年、定価1600円(税別)→1100円

・衣川仁著『僧兵=祈りと暴力の力』講談社選書メチエ、2010年、定価1500円(税別)→1000円

アラン・コルバン編『キリスト教の歴史』藤原書店、2010年、定価4800円(税別)→3200円

生協で一割引で買うのがためらわれます。

けれども残念なのは、やはり新品本を扱う書店が限られていることです。基本的に神保町の書店は全て古書店なので、新品本を安く提供する書店は多くて5件だと思います。ちゃんと調べたわけではありませんが。それも、古書を基本に扱いつつ、その合間にふっと新品が混ざっていたりします。

ですので、これぞ、と思う書店を2つ紹介します。

・村山書店http://jimbou.info/town/ab/ab0157.html

f:id:daisetsu:20110217113823j:image

ここは、講談社学術文庫絶版ものを取りそろえていることで有名。ですが、平凡社ライブラリーちくま学芸文庫岩波文庫、それから各種専門書の美本(中には新品)を扱っていることで一押しします。新品率高し!ここは感動します。しかしどーでもいいですが、疑惑として、アルバイトの店員が基本女性のみという縛りがあるとにらんでいます。

田村書店http://jimbou.info/town/ab/ab0101.html

f:id:daisetsu:20110217114308j:image

ここは、基本的に古書が中心です。圧巻なのは、毎日売り出される100円均一の本!ゴミのように売られています。おそらくここで買われなければゴミでしょう。文庫や新書、洋書がメインですが、たまに掘り出し物があります。哲学・思想書はここにずいぶん取りそろえられています。ちなみに店員は男性のみか。新品率は低め。

【補足】

・小宮山書店http://jimbou.info/town/ab/ab0069.html

f:id:daisetsu:20110217114822j:image

新品は扱っていませんが、ここは自分がかなり好きな書店です。アート本が多く、写真集や画集が揃っています。李禹煥の画集がほしいのですが、1万円でした。ちょっと買えません。思想書もかなりあります。一つ一つの本に透明なカバーを掛けてくれている点が◎

ボヘミアンズ・ギルドhttp://jimbou.info/town/ab/ab0147.html

f:id:daisetsu:20110217115110j:image

ここもアート関係の本が中心です。しかし端の方に批評空間のバックナンバーがあったりします。また、80年代あたりのオカルト本が揃っています。思想書も少し。新品はないでしょう。

【補足2】

大体じっくり5件ほど回ると疲れてきます。それに、買った本があるとちょっと腰を下ろして眺めたい気分になります。そんなときは神保町の有名カフェへ。

・さぼうるhttp://go-jimbou.info/shoku/cafe/cafe001_sabouru.html

f:id:daisetsu:20110217120146j:image

店構えは怪しい感じですが、ふるーいお店で料理もおいしいです。オススメはイチゴ生ジュース。

・ミロンガ・ヌォーバhttp://go-jimbou.info/shoku/cafe/cafe003_mironga.html

f:id:daisetsu:20110217120239j:image

ここもふるーいお店。タンゴが流れていて大正時代みたいです。神保町は作家や文化人がよく集まる街らしく、特にこのカフェは編集人や作家とおぼしき人がよくいます。実際、私もここで隣に座った人が金原ひとみだったことがあります。

※注意事項

本好きや院生などが神保町に行くと、欲しい本があふれてきて大変です。気づくと、財布がカラだったりします。さらには、カラになったあと欲しい本が目に付いたりして、お金をおろしに行って帰ってくるとすでに売れていてしまったりして、やーなかなか難儀な街です。神保町。財布とのコミュニケーションが大事です。

windupbirdwindupbird2011/02/19 00:44楽しそう!古本屋大好きなので、こんど東京に行く機会があったら是非行ってみたい。

daisetsudaisetsu2011/02/20 17:11ぜひぜひ行ってください!案内したいくらいです~

igvhttgfywigvhttgfyw2013/12/17 16:20jeoilbdfqibmf, <a href="http://www.crufvdlbfo.com/">wtpetevluh</a> , [url=http://www.eqxqojrtco.com/]jrfinzbvgy[/url], http://www.rworwyjkfo.com/ wtpetevluh

bxxujfittebxxujfitte2014/04/01 22:20icgtnbdfqibmf, http://www.tgkdumndxf.com/ yctuneruoo

xlpuxkjclexlpuxkjcle2014/04/06 14:52qmcxlbdfqibmf, <a href="http://www.dalddbxudk.com/">ypegprgqni</a>

tdvjazzwmutdvjazzwmu2014/04/09 20:20prbgpbdfqibmf, http://www.qfxrqjbewk.com/ fufkzwvevm

doohgkczvjdoohgkczvj2014/04/11 21:07ddqmxbdfqibmf, <a href="http://www.hibzoaizoq.com/">mrrgvugbvp</a> , [url=http://www.sdwfxnffbu.com/]begwfgvpgj[/url], http://www.uejaaidnij.com/ mrrgvugbvp